安心サポート

宗派による違い

仏式

仏式では、四十九日を忌明けに当てています。
それまでは死亡した日を入れて六日目を逮夜(たいや・忌日の前夜という意味)、七日目を初七日(しょなのか)、十四日目を二七日(ふたなのか)、三十五日目を六七日(むなのか)、四十九日目を七七日(なななのか)と呼びます。


キリスト教式

プロテスタントでは、一ヶ月日のご命日に記念式を行います。この日は牧師様の先導により聖書を読み、賛美歌を歌うことで故人を偲びます。また、カトリックでは、「ミサ聖祭」と呼ばれる追悼ミサを行い、ご逝去された日から三日目、七日目、三十日目、その後は一年ごとにミサを行います。


神式

神式では、仏式のご法事に相当する儀式を「霊祭」と呼びます。まず葬儀の翌日に「翌日祭」を行い、以後十日ごとに「十日祭」「二十日歳」「三十日祭」「四十日祭」「五十日祭(仏式の四十九日に相当する忌明けの日)」と続き、さらに一年、三年、五年、十年、二十年、三十年、四十年、五十年、百年と式年祭が行われます。


お問い合わせ
ページトップ