安心サポート

湯灌について

湯灌の儀式

我が国では、古くからお亡くなりになられた方のお体を家族が集い、洗い清める「湯灌」という儀式がございます。
湯灌の儀式は、故人の生前のけがれや苦しみを洗い清めると供に、生に対する煩悩を断ち、来世の高徳を故人に最もゆかりの深い人達が、願いながら執り行う極めて大切な精神性の高いしきたりです。湯灌の儀式をとおして死の重みと、生命の大切さをかみしめ、故人との別れを一層思い出深い儀式となるよう当社では、誠心誠意お手伝いをさせて頂きます。


湯灌の儀式に際しご家族へのお願い

  1. 故人にゆかりの深い方々は、湯灌の儀式までにお集まり下さい。
  2. 故人の旅立ちに持たせて差し上げたいご愛用の品をご用意下さい。
    (但し、持たせられない物もございます。担当者にご相談下さい。)

湯灌の儀式の進行

  1. 専門係員による湯灌の儀式の為の準備
  2. 専門係員による洗体(この時お肌は見えません)
    シャンプー・ボディーシャンプー・顔剃り・髭剃り・爪切り等
  3. 清浄(この時お肌は見えません)
    温水でお体を洗い流し、くまなくお拭き上げ致します。
  4. 身支度
    お化粧(自然体)を施し、専門係員の進行によりご家族皆様の手で身支度(旅装束)を整えて頂きます。
  5. 納棺
    ご家族様の手により安置された後、専門係員が、着せ替え装飾をほどこします。
    (男性:羽織袴姿/女性:白無垢姿)

湯灌の流れ


お問い合わせ
ページトップ