ご葬儀後の流れ

葬儀が終わってからも、喪主・ご遺族の方々には、しなければならないことがいくつかあります。
葬儀の後にするべきことを簡単にまとめました。

※写真はすべてイメージです。

  1. 挨拶まわり

    お世話になられた方には、なるべく式後2~3日後に挨拶まわりをするのが望ましいです。ご帳場をお願いされた方には、当日にお電話でもよいので、お礼のご挨拶をするとよいでしょう。

    挨拶まわり
  2. 初七日法要・四十九日法要

    • 法要は、日時・場所・時間をご遺族様とお寺様とでよく話し合い、決定していただきます。
    • 料理、引物の手配等、弊社へご連絡いただければ、すべて手配させていただきます。
    初七日法要・四十九日法要
  3. お礼状・通知

    弔電・供物・供花・香典を書留等でいただいた方へは、お礼状(式後3週間以内)を出すようにしましょう。

    お礼状・通知
  4. 茶の子・香典返し

    四十九日の忌明けに、挨拶状を添えて「香典返し」または「茶の子」として送ります。香典をいただいた方の名簿を整理し、香典返しの目安は半額または1/3が一般的です。またお返しの発送は、法要日の翌日発送がよいでしょう。

    茶の子・香典返し
  5. 喪中

    • 四十九日までを忌中とし、亡くなってから1年が一般的に喪中となります。

      服喪期間中に新年を迎える場合は、喪中欠礼の挨拶状を出します。
      ※喪中の挨拶状は12月初めまでに出すようにします。

    • 喪中に年賀状が届いた場合

      喪中欠礼の挨拶状を送らなかった人から年賀状が届いたり、12月に入ってから身内にご不幸があり、喪中欠礼の挨拶状の送付が間に合わない場合、年が明けてから正月飾りのある松の内を過ぎてから(7日もしくは15日)「寒中見舞い」の形にして、年賀状に対してのお礼と共に、喪中であったことを申し添えての挨拶状として出されるのが、一般的なようです。

    • 喪中の範囲

      自分を中心として、1親等(父母・配偶者・子)と同居している2親等(祖父母・兄弟・孫)が一般的に 喪中になります。
      ※仮にご不幸になった方で2親等で同居していなくても、喪中欠礼を出さ れても特に問題はありません。

    喪中

ご不明な点は、東條會館へお気軽にお問合せください。

Contact Us

お問合せ

お急ぎの場合や事前のご相談など、お気軽にご連絡ください。
お電話1本ですぐに必要な手配、ご案内をいたします。

24時間365日受付しておりますので、緊急時の対応も可能です。

お急ぎの方はこちらにお電話ください/携帯電話・PHSからもご利用可能です/0255-72-4999お急ぎの方はこちらにお電話ください/携帯電話・PHSからもご利用可能です/0255-72-4999ご葬儀のお問合せ・ご相談資料請求はこちら/0120-177-199ご葬儀のお問合せ・ご相談資料請求はこちら/0120-177-199メールでのお問合せはこちらメールでのお問合せはこちら

ページの先頭へ

お問合せ
メール
葬儀をお急ぎの方へ